2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日記帳に書き溜めてたエロ小説を親に見られた

1 :('A`):04/02/19 19:08
もう・・潮時かな・・あははははgdかjldkwhふw

2 :('A`):04/02/19 19:09
おい!!ももももちつけおpdjvs

3 :('A`):04/02/19 19:09
当然身近な女の子が登場してるんだよな?

4 :('A`):04/02/19 19:09
エロ小説が趣味なら
エロ小説作家目指したらいいじゃない
フランス書院とか

5 :('A`):04/02/19 19:09
うpして

6 :('A`):04/02/19 19:09
うpしろ

7 :('A`):04/02/19 19:10
>>5
>>6
結婚しろ

8 :('A`):04/02/19 19:11
ヤナコッタ

9 :1 ◆8.jzHlF./I :04/02/19 19:11
しかも調教モノですよ。
もう親に遭わす顔がなくて・・・

10 :('A`):04/02/19 19:11
パンナコッタ

11 :('A`):04/02/19 19:13
気をしっかり持て
とりあえずイ`

12 :('A`):04/02/19 19:13
まずはうpだ。
話はそれからだな。

13 :('A`):04/02/19 19:16
エロ絵とちがって、エロ小説は文字だからチラっと見られたぐらいでは
親もわからないんじゃないかな?
それともじっくりと一文字一文字ずつ読まれたってこと?

14 :1 ◆8.jzHlF./I :04/02/19 19:17
「嫌・・おにいちゃん・・アン・・はぁ!!」
「!!」
俺は妹の最も気持ちいい部分を強く激しく突いた
「はあん・・嫌・・こんなのだめえええええ!!」
『ビクン』体を大きく反らせ妹はぐったりしてしまった
どうやらイったみたいだな・・そのことに俺は大きな優越感を得た
妹と俺の連結部分からは「ネチャネチャビチャビチャ」と
いやらしい音と大量の汁があふれている
「く・・・・・・」
そろそろ俺の限界もち近付いてきたようだよ・・

↑こんなの

15 :('A`):04/02/19 19:18
俺なら恥ずかしすぎて自然発火しちゃうな

16 :('A`):04/02/19 19:18
>>14
ワロタ

17 :('A`):04/02/19 19:19
こりゃ死ぬしかないな

18 :('A`):04/02/19 19:20
>>14
おもったよりキツイな
リアルで妹いるの?

19 :('A`):04/02/19 19:20
わらた

20 :('A`):04/02/19 19:21
親に見られたとかどうでも良いじゃん。
とにかくお前は俺という一人の人間を勃起させることに成功したわけだからさ。

21 :1 ◆8.jzHlF./I :04/02/19 19:21
いつもは日記帳は鍵付きの引き出しの中に入れてるんですが
うっかりして机の上に置きっぱなしにして仕事に出かけてしまったのが運のツキでした。

22 :('A`):04/02/19 19:22
仕事・・・?1は何歳?

23 :('A`):04/02/19 19:23
言っちゃ悪いが


才能なさげ

24 :1 ◆8.jzHlF./I :04/02/19 19:24
22

25 :('A`):04/02/19 19:24
これから伸びるんだよ!!

26 :('A`):04/02/19 19:26
他にはないの?調教は?

27 :('A`):04/02/19 19:28
2行目の「!!」でもうワロタ

28 :('A`):04/02/19 19:31
>>14
それを読んで不覚にも濡れてしまい、
オナニーしてしまった母親を思い浮かべろ

その辛さが今の母の辛さだ

29 :1 ◆8.jzHlF./I :04/02/19 19:33
嫌すぎる・・・

30 :('A`):04/02/19 19:33
泣けてくるね

31 :('A`):04/02/19 19:35
自分で書いててお気に入りだった部分を抜粋して>>1

32 :('A`):04/02/19 19:40
ノートごとスキャナで取り込んでうpしろ>>1

33 :1 ◆8.jzHlF./I :04/02/19 19:44
「お願いします。もう二度とおもらししません。舐めてきれいにします。ゆるしてください。」
「最初から、素直に言う事聞けばいいのに。さ、舐めて舐めて」
ピチャリピチャリ。音を立てて舐め出す。後ろ手に腕を、そして足首を固定されている
ので、おしりを突き上げるような格好で、床に顔を付ける。お尻の穴も、性器も丸見えだ。
性器からは、先程の性行為による、俺の精液と厨タンが処女であった
証である血が、筋となって流れている。興奮を抑え切れなくなった俺は、服を脱ぎ
厨タンに近寄った。


まぢです

34 :('A`):04/02/19 19:45
>>1
主人公の名前を自分の名前にしてたら・・・もうかなりヤバイね

35 :('A`):04/02/19 19:45
相手の名前は知り合いだったり家族のだったりはしないよな?

36 :('A`):04/02/19 19:47
あ、オレ血とかダメだわ。

37 :('A`):04/02/19 19:47
>そろそろ俺の限界もち近付いてきたようだよ・・

(w
語るかけるような書き方がいいな。しかも読んでてまったく興奮できん(w
完全に妄想が生み出した走り書きだなこりゃ

38 :('A`):04/02/19 19:47
もちっと語彙増やせ。表現の幅が狭い。
所々文法もおかしい。
それを修正すれば、もっとイイ エロ小説になると思うよ。
そして母を見返してミレ

39 :('A`):04/02/19 19:48
>>35
それはない、大抵は萌えキャラだから

40 :('A`):04/02/19 19:50
>>38
しょうがない。残りの表現は脳内保管なんだから(w

>>1は親に見られたって書いてるけど、
父親と母親のどっちに見られたんですか?

41 :('A`):04/02/19 19:51
               _∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_
     デケデケ      |                     |
        ドコドコ   < >>1のエロ小説まだ?〜         >
   ☆      ドムドム |_  _  _ _ _ _ _ _ _ _|
        ☆   ダダダダ! ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
  ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!    ♪
         =≡= ∧_∧     ☆
      ♪   / 〃(・∀・ #)    / シャンシャン
    ♪   〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
         ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
         || ΣΣ  .|:::|∪〓  ||   ♪
        ./|\人 _.ノノ _||_. /|\
         ドチドチ!


42 :('A`):04/02/19 19:52
頑張って書き続けてくれ。エロい妄想が出来るのも、才能だと思うし。

43 :1 ◆8.jzHlF./I :04/02/19 19:53
>>40
母親だよ

44 :('A`):04/02/19 19:53
俺なら泣くな
こんなん見られたら・・・

45 :('A`):04/02/19 19:56
>>43
ごしゅうしょうさま
まあ気を落とすな!明日があるさ!失望の数だけ希望は増えるのさ!

46 :('A`):04/02/19 19:57
俺なんて、ダッチワイフとそれに着せるブルマや制服見つかったことあるぞ!
上には上がいるぞ!ガンガレ!!

47 :1 ◆8.jzHlF./I :04/02/19 19:58
あ、ありがとう・・

48 :('A`):04/02/19 19:58
http://kcdqhe.hp.infoseek.co.jp/img-box/img20040219195303.jpg
少年誌にこんなエロ漫画描いてる奴もいたわけで
これを親が知ったら何と思うか

49 :('A`):04/02/19 19:59
俺の中ではオナホールばれるのが最大の屈辱だと思っていたが、上には上がいるようだな

50 :('A`):04/02/19 20:00
>>49
いや、それチャンピオン

51 :('A`):04/02/19 20:00
とりあえず>>1は小説をうpするんだ!

52 :('A`):04/02/19 20:00
エロ小説なんて文学的でいいじゃないか

53 :('A`):04/02/19 20:31
厨タンとは一体何者なのだろうか

54 :('A`):04/02/19 20:53
1に妹はいるのか?

55 :('A`):04/02/19 20:55
綿矢りさも、エロ小説かいてたの親に知られたんだから

56 :('A`):04/02/21 17:02
  家庭教師  

わたしは国立大学3年生の21歳になる美香。
わたしは1年前から家庭教師のバイトをしているんです。複数の人数をこなすのは嫌なので一人しか担当していません。
わたしが教えているのは高校2年生で17歳になった千鶴ちゃん。とてもかわいい子なのよね。いまどきの高校生にしては珍しいぐらい純心。

わたしと千鶴ちゃんは今ではすっかり打ち解け何でも話し合うような関係になっています。千鶴ちゃんはわたしをおねえさんみたいに慕ってくれる。だから余計千鶴ちゃんがかわいい。

そして千鶴ちゃんの記憶力のよさで、彼女の成績は確実に上がっていたので、わたしとしても嬉しいです。
この調子で行けば千鶴は志望校に進学できるとまで担任教師に言われたらしい。わたしも教えがいがあるというものね。


57 :('A`):04/02/21 17:02
ある日のこと、いつもの千鶴ちゃんと様子が違うの。
勉強をしていても上の空って感じで身が入っていないみたいなんです。
「どうしたの?千鶴ちゃん、疲れているのかな?」
「いえ、大丈夫です。なんでもありません。」
「それならいいんだけれど…。無理に教えても千鶴ちゃんが疲れているんじゃ身に入らないわよ。」
「すみません。ちょっと考え事しちゃって…。もう大丈夫です。」
「じゃ、お勉強の続きをしましょうか。」


58 :('A`):04/02/21 17:05
わたしは勉強を続けていく。千鶴ちゃんがわからないところを教えているうちに、わたしは彼女の隣に身体をすり寄せるような感じになっていました。
ふと我に返りわたしは、千鶴ちゃんから離れようとした。そのとき千鶴ちゃんがわたしの肩に顔をもたげてきたんです。
「どうしたの?千鶴ちゃん。」
「先生…。わたし、わたし…。」
それ以上千鶴ちゃんは何も言わない。わたしは何も言わず、千鶴ちゃんをそのままにしておいた。
「いつも先生に甘えたいと思っていたんです。しばらくこのまま甘えさせてください…。」
「千鶴ちゃんったら…。このまましばらく甘えても、いいわよ。」
「ありがとう。先生。」


59 :('A`):04/02/21 17:05
千鶴ちゃんの甘い息が首筋にかかって、なんとも言えない気持ち。わたしは肩にもたげている千鶴ちゃんの髪の毛を優しくなでる。
「先生、わたし先生のことが好き。」
か細いけれど、千鶴ちゃんの言葉がはっきりと聞こえた。
わたしはびっくりすることはなかった。いつかはこんなことになるのではと前から思っていたからです。

「千鶴ちゃん、そんなこと言わないで。先生、困っちゃうじゃない。」
「だって本当のことなんです。」
「千鶴ちゃん…。」
「先生のこと、好きなんです。わかってください。」
 今にも泣き出しそうな千鶴ちゃん。
 わたしはそんな彼女の両ほほを手ではさみ、顔を自分のほうに向けさせた。千鶴ちゃんは恥ずかしいらしくわたしと目を合わせない。
「千鶴ちゃん、わたしを見て。」
「先生…。」


60 :('A`):04/02/21 17:06
 目を合わせた千鶴ちゃんの唇にそっと軽く唇を重ねるわたし。驚いた表情の千鶴ちゃんに微笑んで見せる。
「先生もね、千鶴ちゃんってかわいいって思っていたの。でも私は千鶴ちゃんみたいに気持ちに素直になれなかった。」
 もう1度軽く唇を重ね、千鶴ちゃんの目をじっと見つめる。
「千鶴ちゃんのこと…。」
「先生、もっとキスして…。」
 千鶴ちゃんが顔を近づけてくる。彼女の熱い息を顔に感じ、わたしは唇を重ねた。わたしが千鶴ちゃんの身体を抱きしめると、彼女もわたしの身体に手をまわしそっと抱きしめてくる。


61 :('A`):04/02/21 17:07
 女性とのキスはこれが初めてなんです。
 やわらかくて気持ちがいい。そして彼女の息もとても心地いい。わたしは夢中になって千鶴ちゃんの唇にむさぼりついた。
 女性とのキスがこんなにいいものだなんて知りませんでした。
 唇を合わせるだけではなく、いつの間にか舌までうごめいてしまいました。千鶴ちゃんの唇を舐めつくし、彼女の舌を求めて口の中に入り込んでいきました。
 千鶴ちゃんは舌を使ったキスはしたことがないらしく、戸惑っているようです。
「もっと舌を出して。」
 わたしに言われたとおり千鶴ちゃんが舌を伸ばしてくる。わたしはその舌に舌を絡めていく。
 千鶴ちゃんの舌、気持ちいい。
 わたしは舌を絡めるのに夢中になってしまいました。


62 :('A`):04/02/21 17:08
「先生、激しい…。」
 苦しそうに離れる千鶴ちゃん。口の周りが唾液で濡れている。荒い息をしながらもわたしのほうを見つめてくる。
「でも先生とキスできて幸せ。」
「わたしもよ。千鶴ちゃんとキスができてうれしい。」
 わたしは千鶴ちゃんを抱き寄せた。
「こんな激しいキス、初めて…。」
「いや?」
「先生なら好きにされてもいいです…。」
 なんてかわいいことを言うんでしょ。
 千鶴ちゃんは目を閉じて唇を近づけてくる。わたしは唇を重ねた。


63 :('A`):04/02/21 17:09
 キスをしている間にわたしはいつの間にか千鶴ちゃんのおっぱいを服の上からまさぐっていた。
 揉んでいるうちに千鶴ちゃんの呼吸がまた荒くなってくる。千鶴ちゃん感じてきているみたい。わたしまで、レズじゃないのに感じてきちゃった。
 かわいい千鶴ちゃんなら大胆になってしまう。激しいキスをしながら、 千鶴ちゃんのおっぱいをさらに揉みしだく。

 千鶴ちゃんの唇からすべるように頬を舐め、耳たぶへと移していく。耳たぶを舐められた千鶴ちゃんは身体を硬くした。耳たぶを舐めたり、かむように唇ではさんだりして、耳の中を舌で舐める。
「千鶴ちゃん、気持ちいい?」
「うん…。感じちゃう…。」
「ベッドに行こうか?」
「うん…。」
 わたしたちはイスから立ち上がり、部屋の隅にあるベッドに行った。


64 :('A`):04/02/21 23:26
age

65 :('A`):04/02/21 23:29
('A`)

66 :('A`):04/02/21 23:30
千鶴って池脇千鶴?

67 :('A`):04/02/21 23:37
俺の三菱機銃を喰らえ!
そういうと強引に自分の・・・

68 :('A`):04/02/22 01:06
内容はともかく、投稿者の名無しが('A`)だとアレだな

69 :('A`):04/02/22 01:30
レズモノってまったく萌えない

70 :('A`):04/02/22 01:33
>>1
あひゃはひゃひゃ

71 :('A`):04/02/22 01:39
エロ漫画みられるよりましだって・・・・

72 :('A`):04/02/22 02:52
隠していたエロ漫画を見つかった時の気まずさと言ったら・・・
家出してしまいたくなるよな

73 :('A`):04/02/22 02:58
それで家出したきりもう家族には会ってないよ

74 :('A`):04/02/22 03:11
で、家族が某テレビ番組で「家出した息子に帰って来て欲しい!」
「息子さん、見つかりましたよ」
って展開か。

75 :('A`):04/02/22 15:08
で、>>1はどうなったんだ?

76 :('A`):04/02/22 15:49
母親は>>1になんて伝えたんだろう。
「あんたのエロ小説読んだけど、文才ないわね、お父さん似かしら」とかか?

とりあえず全文うpしてくれ。

77 :('A`):04/02/22 19:46
しかし、なんで置いてあるもん勝手に読むのかねぇ。
母親が自分で招いた災厄。

78 :('A`):04/02/22 22:18
晒しage

79 :('A`):04/02/23 01:55
処女膜が破れる時の血は流れるほど出ない。
覚えておくんだな>>1




>>1チン☆⌒ 凵\(\・∀・) まだぁ?

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)